さぬきストーリー・プロジェクト

新企画 さぬきストーリー・プロジェクト

香川県  クーデリアさん

投稿作品

No.235【瀬戸内と花束と指輪】

切ない話

今から20年以上前のお話です。私が常連だった瀬戸の海がよく見える喫茶店。ある日、その喫茶店で男性が花束と指輪を持って彼女と待ち合わせしていました。一目で今から何をするつもりかわかりました。笑顔で彼を迎える彼女。ドキドキの彼。見守る従業員も他のお客さんもドキドキ。花束を渡し、意を決してポケットから指輪のケースを出してプロポーズ!しかし、彼女は首を縦に振らず、花束を置いて出て行ってしまったのです。立ちすくむ彼。しばらくして、花束と指輪を持って店を出た彼は、駐車場に花束をたたきつけ、指輪を投げ捨て立ち去りました。その後、従業員総出で指輪を探しましたが見つかりませんでした。
こんなドラマのようなことが、凪の瀬戸内をバックにおこるとは・・・。
美しい夕日だっただけに忘れられない光景です。

前のストーリーへ

次のストーリーへ