さぬき映画祭では、プロのシナリオライターや映画監督等を講師に迎え、地方では学ぶ機会の少ないシナリオ執筆の講座や映画制作のワークショップを開講しています。

映画を遊ぼう!
ー誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいショートムービーの作り方について教えましょうー

  • 講座内容

    第一線で活躍する若手映画監督を講師に迎え、グループワークによる作品制作を通してショートムービーの作り方を2日間で集中的に学ぶ講座です。
    受講後は作品を制作して、「さぬき映画祭 さぬきストーリー・プロジェクト」に応募しよう!目指せグランプリ!!

日程
第1回平成30年11月3日(土・祝)、4日(日)
第2回平成30年10日(土)、11日(日)
各回時間:10:30〜17:00(昼休憩あり)
会 場
情報通信交流館 e-とぴあ・かがわ
(⾼松市サンポート2-1 ⾼松シンボルタワー タワー棟4・5F)
講座内容

第1回【11月3日(土・祝)・11月4日(日)】

  • 想いを、カタチに。レベルアップした作品作り
    講師:柴田啓佑 監督(さぬき映画祭ショートムービーコンペティション2016グランプリ作品『運命のタネ』)
  • 物語は変哲のない日常に溢れている
    講師:田中佑和 監督(さぬき映画祭ショートムービーコンペティション2018グランプリ作品『HELP!!』)

第2回【11月10日(土)・11月11日(日)】

  • 人を撮るということ。演じるということ。
    講師:頃安祐良 監督(さぬき映画祭ショートムービーコンペティション2017グランプリ作品『中年よ、神話になーれ』)
  • 紙人形を使って映画を作ろう
    講師:山口淳太 監督(ヨーロッパ企画)

詳細はe-とぴあ・かがわHP

定員
各回20名(お申し込みが定員を超えた場合は抽選)
対 象
小学生以上(小・中学生は保護者同伴)
参加費
無料
申込方法
HPからの申し込み
eとぴあ・かがわHP、「体験講座」→「講座一覧」からお申し込みください。

eとぴあ・かがわ 講座お申し込み

申込用紙で申し込み
募集チラシの申込用紙に必要事項を記入し、FAX・郵送・来館にて受付。

申し込み用紙(PDF)

〒760‐0019 高松市サンポート2 番1号 高松シンボルタワー タワー棟4・5F
情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)「ショートムービーの作り方」係
TEL:087-822-0111  FAX:087-822-0112

申込締切
10月27日(土)必着

定員に満たない場合は、お申し込み締め切り後、開講日の2日前まで先着順にて受け付けをいたします。

その他
  • 定員を超えた場合は抽選となり、参加確定者にのみメールまたは郵送で参加証をお送りいたします。

見る側から創る側へ。「シナリオ講座 -基礎コース-」

  • 講座内容

    未経験者が自分の企画で短編を執筆する「基礎コース」です。
    映画やTVのシナリオを中心とした表現方法を、プロの目線から学べます。

こちらの講座は募集受付を終了しました。

日程
下記の日程で予定しております。(全7回、各回13:10~16:40)
平成30年6⽉30(土)、7⽉7(土)、14日(土)、28日(土)、8月4日(土)、18日(土)、9月8日(土)
対象
高校生以上
定員
25名程度
※応募者多数の場合は、過去のシナリオ講座受講歴のない方及び香川県在住の方を優先します。
会場
サンポートホール高松 会議室ほか
※各日の会場は募集チラシ(PDF)にてご確認ください。
受講料
14,000円(高校生は7,000円)
内容
シナリオの為のアイデアはどうしたら生み出せるか形に出来るか、その方法を体得。ドラマの基本を学び、シナリオ執筆の技術を実践形式のワークショップで身につけます。全くのゼロから、自分だけのオリジナルシナリオ(短編)を完成させるのです。
発想法を学び、シナリオを書くことにより、映画やTVドラマだけでなく、ラジオドラマ、小説、アニメ、ゲームなど幅広い表現世界への応用も可能になります。最終回には、ゲスト講師として中島貞夫監督をお迎えする予定です。

講座第1回目(6/30)は見学自由!
まずはシナリオに触れてみましょう。きっとあなたはシナリオを知ることによって、思いもしなかった自分に出会う事でしょう。是非シナリオで新しい”自分探しに”挑戦して下さい!
  • 申込不要。直接会場までお越しください。
  • 定員に空きがある場合のみ、受講料をお支払いいただくことで、2回目以降の講座を受講いただくことができます。

募集チラシ(PDF)

講師
  • 大阪芸術大学・短期大学客員教授、社団法人シナリオ作家協会理事
    同志社大学文学部卒業。東映京都撮影所を経て、フリーのシナリオライター。主に関西を拠点に活動。2011年度~ さぬき映画祭「映像塾」シナリオ講座講師。

    代表作

    【映画】恐竜・怪鳥の伝説、忍者武芸帖 百地三太夫
    【テレビドラマ】柳生一族の陰謀、忍者服部半蔵、ブロードキャストASUKAほか。


  • ゲスト講師

  • 1934年千葉県東金市生まれ。東京大学文学部美術史科卒業。
    大阪芸術大学映像学科長/教授を長らく務め、後進の育成にも取組んでおり、同大学から熊切和嘉、山下敦弘、石井裕也らの映画監督が輩出されている。
    2005年からのさぬき映画祭「映像塾」シナリオ講座講師のほか、「映像作品企画募集」「シナリオコンクール」の審査員を務めるなど、香川県との関わりも深い。香川県文化功労者。

    代表作

    【映画】「木枯し紋次郎」、「日本の首領」シリーズ、「極道の妻たち」シリーズほか。
    【テレビドラマ】大奥(1968~1969年)、警視庁殺人課(1981年)ほか。

募集について
下記の受講申込書に必要事項を記入の上、郵送もしくは FAX、電子メールにて送付してください。
6月15日(金)必着※募集終了

受講申込書(PDF)

受講申込書(word)

〒760‐8570 香川県高松市番町4‐1‐10(香川県文化振興課内)
さぬき映画祭実行委員会事務局 シナリオ講座担当
MAIL:info@sanukieigasai.com
TEL:087-832-3785  FAX:087-806-0238

実践的シナリオに挑戦。「シナリオ講座 -専門コース-」

  • 講座内容

    シナリオ執筆経験者を対象に、より専門的に学ぶコースです。
    各種シナリオコンペへの挑戦可能なレベルを目指します!

こちらの講座は募集受付を終了しました。

日程
下記の日程で予定しております。(全4回、各回最大10:00~16:45)
【第1回】 9月22日(土)
【第2回】 10月6日(土)
【第3回】 10月13日(土)
【第4回】 10月27日(土)
※時間は別途お知らせします
対象
高校生以上、シナリオ執筆経験者
定員
8〜10名
※応募者多数の場合は、過去のシナリオ講座受講歴のない方及び香川県在住の方を優先します。
会場
サンポートホール高松 会議室等
受講料
10,000円
内容
シナリオ執筆経験者を対象に、プロ的なシナリオ作成プロセスを体験、各種シナリオコンペへの挑戦可能なレベルを目指します。事前にトリートメント(発想表)、キャラクター表、企画案を提出。講座当日は基本的に、スキルアップ講義、 討議、面接が主となる予定です。

募集チラシ(PDF)

講師
  • 大阪芸術大学・短期大学客員教授、社団法人シナリオ作家協会理事
    同志社大学文学部卒業。東映京都撮影所を経て、フリーのシナリオライター。主に関西を拠点に活動。2011年度~ さぬき映画祭「映像塾」シナリオ講座講師。

    代表作

    【映画】恐竜・怪鳥の伝説、忍者武芸帖 百地三太夫
    【テレビドラマ】柳生一族の陰謀、忍者服部半蔵、ブロードキャストASUKAほか。

募集について
下記の受講申込書に必要事項を記入の上、郵送もしくは FAX、電子メールにて送付してください。
8月20日(月)必着※募集終了
※受講の可否は、募集締切後にメールにてお知らせいたします。

受講申込書(PDF)

受講申込書(word)

〒760‐8570 香川県高松市番町4‐1‐10(香川県文化振興課内)
さぬき映画祭実行委員会事務局 シナリオ講座担当
MAIL:info@sanukieigasai.com
TEL:087-832-3785  FAX:087-806-0238